毎年5月の第二日曜日は母の日です

subpage1

昔は専業主婦として家庭を守っていたのが母親ですが、最近は共働きの家庭が増加している為母親の役割はよりハードで忙しくなっています。
そんな日頃から頑張っている母の苦労を敬って感謝するのが母の日ですが、日本ではアメリカと同じで5月の第二日曜日で、一般的な由来もアメリカであった本当の出来事です。

納得の母の日の詳細はこちらで簡単に調べられます。

その由来とは1907年の事でアメリカに住んでいたアンナ・ジャービスさんが、様々な苦労の末に自分を懸命に育ててくれた母の死を悼み、母親が好きだった白いカーネーションを教会に飾った事が発端とされています。
この時のアンナ・ジャービスさんの行動と母への思いに感動した方達が、生きている間に母へ感謝の気持ちを伝える事の大切さを認識して、1908年5月10日に同じ教会に470人の生徒とその母が集まり最初の母の日を祝ったのです。
この時にアンナさんが参加者全員に白いカーネーションを手渡した事から、白いカーネーションが母の日のシンボルとなっています。それから母が元気な場合は赤いカーネーションで、無くなっている場合は白いカーネーションを胸に飾る様になり、やがてプレゼントとして母に感謝の言葉と一緒に贈る様になったのが母の日です。

日本では第二次世界大戦後に5月の第二日曜日となりましたが、実は大正時代に当時の青山学院教授のアレクサンダー女史によって紹介されたと言われていますが、最初の頃は皇后様の誕生日である3月6日と定められていました。



初めの頃はあまり全国的に認知されていなかったのですが、昭和37年に大手のお菓子メーカーが全国的な普及活動を行って広まったのです。最近ではカーネーションの他にも装飾品やファッションアイテムに絶品グルメなど、様々な種類やカテゴリーのプレゼントが増えており、市場規模は拡大を続けている程となっています。