母の日に贈る花の選び方

subpage1

母の日のプレゼントと言えば、先ず思い浮かぶのがお花のギフトで、その中でも赤いカーネーションが母の日の花ギフトの定番です。

赤いカーネーション以外の花を母の日に贈ることもあり、その際にはいくつかのポイントがあります。

先ず、母の日に贈る花束やアレンジメントのひとつが、華やかで香りも良いバラです。

その華やかさから存在感もあり、アレンジメントにするなら主役の花になると言えるでしょう。赤のバラには「愛情」や「美」、ピンクのバラには「しとやか」や「感謝」といった花言葉があることから、赤やピンクを選ぶと良いでしょう。
また、見る人を元気に明るくしてくれるガーベラもおすすめです。黄色には「親しみ」、ピンクは「美」や「愛」、黄色には「前進」という花言葉があります。

初めてでもわかりやすい、母の日情報のお得な利用法をお教えします。

その他、高貴で凜としたイメージのユリや、「優しい思い出」という花言葉を持つ可愛らしい雰囲気のあるスイートピーも選ぶのも適していると言えます。



生花店で贈り物の花束やアレンジメントを選ぶ際には、店頭に陳列されている既製品から選びのが最も簡単で間違いのない選び方のひとつです。
オーダーで花束やアレンジメントを作ってもらう場合には、予算や完成品のイメージを具体的に伝えることが大切なポイントとなります。
プレゼントをするお母さんの好きな色やイメージなどを具体的に伝えると、より贈る相手の好みにぴったりのものに仕上がるでしょう。


使って欲しい花があればそれも一緒にリクエストするのも効果的です。